ご案内

さくらこども園は、震災後、さくら保育園として被災地に開園しました。
皆様にたくさんのご支援をいただき、子どもたちもすくすくと育ち、日々楽しく過ごすことができています。子どもたちの教育・保育環境向上のため、引き続き絵本やおもちゃなどの寄付をいただけ
ますと幸いです。

 

  教育・保育理念  

将来、社会の担い手となる子ども一人ひとりの健全な心身の発展を目指し、保護者及び地域とともに育成する。


  教育・保育方針  

遊びを中心とした生活の中で、体験を重ねられるような保育及び教育を一体的に行い、小学校以降の生活や学習の基礎を育成するとともに、生涯にわたる人格形成の基礎を培う。

 

  認可定員数  

 

0歳児  9名
1歳児 12名
2歳児 12名

 

3歳児 1号認定(満3歳児を含む)  5名
2号認定 14名
4歳児 1号認定  5名
2号認定 14名
5歳児 1号認定  5名
2号認定 14名

計 90 名

 

  利用定員数(令和5年5月より)  

0歳児  4名
1歳児 12名
2歳児 12名

 

3歳児 1号認定(満3歳児を含む)  5名
2号認定 14名
4歳児 1号認定  5名
2号認定 14名
5歳児 1号認定  5名
2号認定 14名

計 85 名

 

 

 

 

 

 

 

 


 

✿ クリックすると、それぞれの認定にご案内いたします。 ✿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1号認定(3~5歳児)  

 

保育が必要な事由(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)がない場合も、
利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日 ~ 金曜日
※土曜日に行う園行事は、翌週月曜日が振替休日となります。
休所日 土曜日、日曜日、祝日

お盆期間   8月10日 ~   8月17日
年末年始  12月25日 ~   1月 5日
年 度 末    3月29日 ~   4月 4日


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 教育標準時間
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 9時00分 ~ 13時00分
土曜日 - 

※やむを得ず、上記の時間帯を超えて利用する場合、30分ごとに300円の料金が発生します。


✿ 諸経費(月額)

利用料

教育・保育の無償化により無償

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円
絵本代 3歳児 410円
4歳児 430円
5歳児 450円(令和6年度の金額です。)         
教材費 300円
オムツ処理代

300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。

給食費

主食費 1,000円 ・ 副食費 4,500円

※ a. 市町村民税所得割額77,101円未満の世帯は、児童の年齢を問わず、副食費が無償となります。
  b. 市町村民税所得割額77,101円以上の世帯は、保育所の他にこども園や幼稚園等を兄弟姉妹で
    利用する場合(のみ)、小学校3年生までの児童から順に数えて3人目以降の児童の副食費が
    無償となります。 
    ただし、保育所・こども園以外の施設を兄弟姉妹が利用している場合、多子軽減届出書の提出が
    必要です。

まなびタイム 2,750円      ① 当園では、教育時間に小学校入学以降に必要な文字や数、英語の学習を
  実施します。
② 学習を行う3歳以上児に兄弟姉妹が2人以上在籍する場合は、
  2人目以降の集金額が合わせて2,500円となります。
英語教室 2,200円

 

〇 上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
〇 運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
    こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
〇 当園では教育・保育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
  園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  新2号認定(3~5歳児)  

 

1号認定の中で、保育が必要な事由(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)がある場合に
預かり保育を利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日~土曜日(土曜日は就労の場合のみ)
休所日

日曜日、祝日、年末年始(12月29日 ~ 1月3日)


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 教育標準時間 預かり保育
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 9時00分 ~ 13時00分

(標準時間)
 7時30分 ~ 8時59分
13時01分 ~ 18時00分

(短時間)
 8時30分 ~ 8時59分
13時01分 ~ 16時30分

土曜日 7時30分 ~ 18時30分

(標準時間)
 7時30分 ~ 18時00分

(短時間)
 8時30分 ~ 16時30分


✿ 諸経費(月額)

利用料 教育・保育の無償化により無償
※土曜日の園行事に伴う利用料は「半日450円」となり、償還対象です。

 

預かり保育料 月曜日~金曜日

7時30分~8時59分、13時01分~18時00分または
7時30分~8時59分、13時01分~16時30分の
時間帯に利用する場合

1日 450円
土曜日 7時30分~18時00分または
8時30分~16時30分の時間帯に利用する場合

※幼児教育・保育の無償化により、最大月額11,300円(月25日)まで無償となります。
   3か月ごとに預かり保育料を精算し、翌月に石巻市から口座振込により該当する方へ
   無償額分の償還を行います。(償還の手続きは当園を通して行います。)
※やむを得ず、それぞれの利用時間帯を超えて利用する場合、30分ごとに300円の料金が
 発生します。この料金は、預かり保育料に含まれず実費徴収となります。

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円
絵本代 3歳児 410円
4歳児 430円
5歳児 450円(令和6年度の金額です。)
教材費 300円
オムツ処理代 300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。
給食費

主食費 1,000円 ・ 副食費 4,500円

※ a. 市町村民税所得割額77,101円未満の世帯は、児童の年齢を問わず、副食費が無償となります。
  b. 市町村民税所得割額77,101円以上の世帯は、保育所の他にこども園や幼稚園等を兄弟姉妹で
    利用する場合(のみ)、小学校3年生までの児童から順に数えて3人目以降の児童の副食費が
        無償となります。 
   た
だし、保育所・こども園以外の施設を兄弟姉妹が利用している場合、多子軽減届出書の提出が
   必要です

まなびタイム 2,750円 ① 当園では、教育時間に小学校入学以降に必要な文字や数、英語の学習を
  実施します。
② 学習を行う3歳以上児に兄弟姉妹が2人以上在籍する場合は、
  2人目以降の集金額が合わせて2,500円となります。   
英語教室 2,200円

〇 上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
〇 運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
    こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
〇 当園では保育・教育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
    園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  満3歳児1号認定  

 

児童が3歳の誕生日を迎えた翌月から、当該年度3月31日まで利用できる認定です。
(3歳児クラスに進級する4月1日から、1号認定や新2号認定に認定変更する必要があります。)
保育の必要性(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)がない場合も利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日 ~ 金曜日
※土曜日に行う園行事は、翌週月曜日が振替休日となります。
休所日

土曜日、日曜日、祝日


お盆期間  8月10日 ~  8月17日
年末年始 12月25日 ~  1月 5日
年 度 末     3月29日 ~  4月 4日


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 教育標準時間 利用時間帯
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 9時00分 ~ 13時00分
土曜日

 


✿ 諸経費(月額)

利用料

教育・保育の無償化により無償

 

満3歳児は2歳児と同じ保育内容ですので、実費徴収内容も同じとなります。

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円
絵本代 2歳児(満3歳児含む) 370円
(令和6年度の金額です。)
オムツ処理代

300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。

教材費 300円
給食費

主食費 1,000円 ・ 副食費 4,500円

※ a. 市町村民税所得割額77,101円未満の世帯は、児童の年齢を問わず、副食費が無償となります。
  b. 市町村民税所得割額77,101円以上の世帯は、保育所の他にこども園や幼稚園等を兄弟姉妹で
    利用する場合(のみ)、小学校3年生までの児童から順に数えて3人目以降の児童の副食費が
        無償となります。
    ただし、保育所・こども園以外の施設を兄弟姉妹が利用している場合、多子軽減届出書の提出が
    必要です。 

・上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
・運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
   こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
・当園では保育・教育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
   園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  満3歳児新2号認定  

 

「満3歳児新2号認定」という名称は、満3歳児1号認定の中で預かり保育を利用する児童を
区別するために、当園が独自で充てたものです。


児童が3歳の誕生日を迎えた翌月から、当該年度3月31日まで利用できる認定です。
(3歳児クラスに進級する4月1日から、1号認定や新2号認定に認定変更する必要があります。)
保育の必要性(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)がない場合も利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日 ~ 土曜日(土曜日は就労の場合のみ)
休所日

日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 教育標準時間 利用時間帯 預かり保育
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 9時00分 ~ 13時00分

(標準時間)
 7時30分 ~ 8時59分

13時01分 ~ 18時00分

(短時間)
 7時30分 ~ 8時59分
13時01分 ~ 16時30分

土曜日 7時30分 ~ 18時30分

(標準時間)
 7時30分 ~ 18時00分

(短時間)
 8時30分 ~ 16時30分


✿ 諸経費(月額)

利用料

教育・保育の無償化により無償

※土曜日の園行事に伴う利用料金は、半日450円となり実費徴収です。

 

預かり保育料 月曜日~金曜日

7時30分~8時59分、13時01分~18時00分または
8時30分~8時59分、13時01分~16時30分の
時間帯に利用する場合

1か月 9,500円
土曜日 7時30分~18時00分または
8時30分~16時30分の時間帯に利用する場合
1日  450円

満3歳児は預かり保育料償還の対象となりませんので、ご注意ください。
※やむを得ず、利用時間帯を超えて利用する場合、30分ごとに300円の料金が発生します。

満3歳児は2歳児と同じ保育内容ですので、実費徴収内容も同じとなります。

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円
絵本代 2歳児(満3歳児含む) 370円
(令和6年度の金額です。)
オムツ処理代

300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。

教材費 300円
給食費

主食費 1,000円 ・ 副食費 4,500円

※ a. 市町村民税所得割額77,101円未満の世帯は、児童の年齢を問わず、副食費が無償となります。
  b. 市町村民税所得割額77,101円以上の世帯は、保育所の他にこども園や幼稚園等を兄弟姉妹で
    利用する場合(のみ)、小学校3年生までの児童から順に数えて3人目以降の児童の副食費が
        無償となります。
   ただし、保育所・こども園以外の施設を兄弟姉妹が利用している場合、多子軽減届出書の提出が
   必要です。 

・上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
・運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
   こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
・当園では保育・教育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
   園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  2号認定(3~5歳児)  

 

保育が必要な事由(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)はある場合に
利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日~土曜日
休所日 日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 保育標準時間 利用時間帯 保育短時間 利用時間帯
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 7時30分 ~ 18時30分 8時30分 ~ 16時30分
土曜日 7時30分 ~ 18時30分 7時30分 ~ 18時30分 8時30分 ~ 16時30分

それぞれの利用時間帯を超えて利用する場合、30分ごとに150円の料金が発生します。


✿ 諸経費(月額)

利用料 教育・保育の無償化により無償

  

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円   
絵本代 0歳児 400円
1・2歳児 370円
3歳児 410円
4歳児 430円
5歳児 450円
教材費 300円
オムツ処理代 300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。
給食費

主食費 1,000円 ・ 副食費 4,500円

※ a. 市町村民税所得割額57,700円未満の世帯は、児童の年齢を問わず、副食費が無償となります。
  b. 市町村民税所得割額57,700円以上の世帯は、保育所の他にこども園や幼稚園等を兄弟姉妹で
    利用する場合(のみ)、小学校3年生までの児童から順に数えて3人目以降の児童の副食費が
        無償となります。 
   ただし、保育所・こども園以外の施設を兄弟姉妹が利用している場合、多子軽減届出書の提出が
   必要です。

まなびタイム 2,750円  ① 当園では、教育時間に小学校入学以降に必要な文字や数、英語の学習を
  実施します。
② 学習を行う3歳以上児に兄弟姉妹が2人以上在籍する場合は、
  2人目以降の集金額が合わせて2,500円となります。   
英語教室 2,200円 

・上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
・運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
   こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
・当園では保育・教育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
   園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  3号認定(0~2歳児)  

 

保育が必要な事由(保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障がいなど)はある場合に
利用できる認定です。


✿ 教育・保育の提供日

開所日 月曜日~土曜日
休所日 日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


✿ 認定の利用時間帯

開所時間 保育標準時間 利用時間帯 保育短時間 利用時間帯
月曜日~金曜日 7時30分 ~ 19時00分 7時30分 ~ 18時30分 8時30分 ~ 16時30分
土曜日 7時30分 ~ 18時30分 7時30分 ~ 18時30分 8時30分 ~ 16時30分

それぞれの利用時間帯を超えて利用する場合、30分ごとに150円の料金が発生します。

※土曜保育は、10か月を過ぎたお子様から利用することができます。


✿ 諸経費(月額)

利用料

支給認定証の発行を行った石巻市が定める利用者負担額を、当園に対し支払っていただきます。

※市町村民税非課税世帯のみ無償化の対象となります。
※第3子以降の保育料は無料となります。

  

利用料以外の実費徴収料 行事費 600円
絵本代

0歳児 400円
1・2歳児 370円
3歳児 410円
4歳児 430円
5歳児 450円 
(令和6年度の金額です。)

教材費 300円
オムツ処理代

300円
※オムツを使用した月のみ集金対象です。

・上記のほか、入園・進級当初は新年度用品や体操着などの臨時集金があります。
・運動会やおゆうぎ発表会など、行事の写真やDVDの販売があります。
   こちらは購入希望者のみ、個々の購入枚数に応じた金額となります。
・当園では保育・教育中に事故やケガのないように努めておりますが、万が一の場合に備え
   園児全員に日本スポーツ振興センターの災害共済給付に加入します。

 

 

 

 

 

SCHEDULE

2024.06.16 Sunday